お笑い芸人まとめブログ

5chからお笑い芸人さんの気になる情報をピックアップしてまとめています。 霜降り明星押し!

    ものまね芸人

    f945bdfca10a95874bdb438ad9a57769

    1: 冬月記者 ★ 2024/02/19(月) 22:27:39.72 ID:qPQ5wkGi9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/84d71f97b4f026c1d21ff5219dd0f05a16a28abe

    松本人志活動休止余波!?モノマネ芸人JP「こんな風なる思わんかった!」得意技封印

     日本テレビ系「しゃべくり007」(月曜・午後9時)が19日に放送された。売れっ子ものまね芸人 SPと題し、明石家さんまのモノマネでブレイクし歌でも話題のほいけんた、キンタロー。、JPが出演した。

     500以上のレパートリーを誇るJPは、「ダウンタウン」松本人志のモノマネでブレイク。ただ今回は香取慎吾のモノマネで登場。途中からは赤色に染めた地毛の姿になり、日テレの郡司恭子アナウンサーを「女神」と呼びグッズを大量購入したり、養成所時代に好きすぎてストーカーすれすれの行為を行っていたことを告白した。

     トーク中、MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也に「JP一番得意なもうモノマネやらなくなったの?」と突っ込まれると、「こんな風なる思わんかった!」と松本の口調をまねて叫んだ。

    3: 名無しさん@恐縮です 2024/02/19(月) 22:28:56.00 ID:BKf9rvT90
    松本はJPに賠償しろ!

    【松本人志活動休止余波!?モノマネ芸人JP「こんな風なる思わんかった!」】の続きを読む

    F7kPBygasAA7ReC-e1696413740106

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2023/10/04(水) 14:42:40.51 ID:yEP0WEIr9
    2023年10月4日 水曜 午前11:20

    コンビニで高齢者に声をかけ、特殊詐欺を防いだとして、お笑いタレントの「松本一人(まつもとひとり)」さんに感謝状が贈られた。
    警視庁四谷警察署から感謝状が贈られたのは、ダウンタウンの松本人志さんのそっくりタレントとして活動している「松本一人」さん。
    松本一人さんは9月、東京・新宿区のコンビニのレジ前で、パソコンの架空請求に騙され10万円分の電子マネーを買おうとしていた高齢男性(80代)に声をかけ、被害を未然に防いだ。

    お笑いタレント・松本一人さん:
    悪いことしたらあかんで

    感謝状を受け取った松本一人さんは「小さな違和感を見逃さないでほしい」と注意を呼びかけました。

    https://www.fnn.jp/articles/-/595546

    18: 名無しさん@恐縮です 2023/10/04(水) 15:01:30.21 ID:qrKv5G8U0
    ハマタの魔の手から老人を救ったまっちゃんさすがやで

    11: 名無しさん@恐縮です 2023/10/04(水) 14:55:03.94 ID:c5tWd8E40
    JPじゃないのか

    【「悪いことしたらあかんで!」お笑いタレント松本一人さんが特殊詐欺被害を未然防止し感謝状】の続きを読む

    shock_woman

    1: Ailuropoda melanoleuca ★ 2023/07/13(木) 19:13:05.10 ID:EKu7yuX89
    7/13(木) 18:21配信 女性自身

    7月12日に27歳の若さでこの世を去ったryuchellさん。突然すぎる氏に多くの人から悲しみの声があがっている。そんななか、ある人気芸人の追悼コメントに指摘が相次いでいる。

    愛らしく明るいキャラクターからメディアへの出演機会も多かったryuchellさん。訃報が報じられた12日から13日にかけて、著名人からの追悼コメントが相次いで寄せられている。

    《りゅうちぇる、苦しかったのかなぁ。 可哀想すぎて、、、》(12日、研ナオコの公式Twitterより)

    《大好きな大好きなおちぇる。あなたはいつでも愛を大切に、どんな辛いことも優しく受け止めて しっかり向き合ってましたね。 あなたから学ぶ事が本当に多かった。 家族について、子育てについて、愛について、自己肯定感について、 まだまだいろいろ聞きたかったよ。 もっと力になってあげられなくて》(12日、SHELLYの公式Twitterより)

    《りゅうちぇるさん 嘘でしょう?信じられない信じたくない 番組でご一緒した時もいつも優しくて dmでもやりとりさせていただいていました 繊細な心配り 自分らしく言語化する力 そして優しいメッセージをいただいていて本当に優しい方 陰ながら応援していました 悲しくて時が止まったよう》(12日、中川翔子の公式Twitterより)

    そんななか、モノマネから俳優までマルチに活躍する人気ピン芸人・エハラマサヒロ(41)も12日19時過ぎにTwitterでこうコメントを寄せた。

    《ちゅうちぇるさん嘘でしょ… 若すぎるよ… ホンマに普段からめっちゃええ人やったのに…つらい。ご冥福をお祈りします》

    哀悼の意を表明したエハラだが、書き出しの名前はなぜか「ちゅうちぇる」となっている。親交があり、当人同士だけでの呼び名の可能性もあるが、ryuchellさんが「ちゅうちぇる」という名前で活動していたことはない。

    追悼するも名前を間違えたエハラに対して、Twitter上では指摘が続出している。

    《名前、間違ってる…》
    《りゅうちぇるの間違い?》
    《名前間違えてますよ。凄く失礼です》

    ryuchellさんの名前間違いといえば、千葉県の松戸市議が「れいちぇる」と間違え、批判を浴びたばかりだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/68e71793631575aeb765ac621a34644efefa1c0c

    関連スレ
    【ryuchellさん氏去】松戸市議・増田かおる氏「れいちぇる」ツイートがトレンド ネット怒りの指摘「笑えない」「調べてから拡散して」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1689214181/

    15: 名無しさん@恐縮です 2023/07/13(木) 19:17:02.64 ID:8zZu7xKb0
    江原ってオーラの泉の人?

    24: 名無しさん@恐縮です 2023/07/13(木) 19:20:11.84 ID:FRKGNAAf0
    RとT打ち間違えたんか?

    【人気芸人がryuchellさん追悼も「ちゅうちぇる」と名前間違え…指摘続出】の続きを読む

    1: muffin ★ 2023/07/05(水) 15:29:20.22 ID:PaYAgFi29
    https://hochi.news/articles/20230705-OHT1T51084.html?page=1
    2023年7月5日 13時10分スポーツ報知

    タレント・清水アキラが5日放送のフジテレビ系「ぽかぽか」(月~金曜・午前11時45分)に生出演し、「もっと評価されるべきものまね芸人」について語った。

    この日は、ものまね四天王のコロッケとともに「ぽいぽいトーク」のゲストで登場。司会のハライチから「もっと評価されるべき」と思うものまね芸人を問われると、清水は「ミラクルひかる」と即答。「この人はね、誰も知らないものまねもやる。それを貫く姿勢がいい。自分がやりたいものやるっていうのが、最高におかしい」と多彩なネタを持つミラクルを称賛した。

    これに対し、コロッケも「ミラクルがすごいのは、歌をちゃんと歌って、歌った後にちょうど間のところでふざけるわけですよ。これって一番理想型なんですよ」と賛同。「もっともっと評価されていいし、ミラクルの生のライブを見に行って欲しい。テレビでやってるのは100分の1くらい。生で見たら、もっとおもしろいのが見れる」と語った。

    ミラクルのネタでおもしろいのは「やっぱり工藤静香さん」と絶賛。「工藤静香さんのまねしてるから、木村拓哉さんとちょうど出くわすときがあったらしく、ばれないように隠れてたって」と明かし、「逃げなきゃいけなようなものまね芸人になって。やんちゃな子が減ってきたから、ミラクルは貴重」と話していた。

    no title

    149: 名無しさん@恐縮です 2023/07/05(水) 17:50:49.11 ID:iiitVyW90
    >>1
    北斗晶www

    3: 名無しさん@恐縮です 2023/07/05(水) 15:33:54.64 ID:pr4Jax6f0
    ミラクルは上手いし笑えるからな


    【清水アキラ「もっと評価されるべきモノマネ芸人」を実名告白!コロッケも同意】の続きを読む

    1: それでも動く名無し 2023/04/09(日) 20:15:48.26 ID:S4L5Itk0a
    no title



    2: それでも動く名無し 2023/04/09(日) 20:16:04.39 ID:xP2SnOy00
    エッ


    3: それでも動く名無し 2023/04/09(日) 20:16:35.19 ID:r8RbnV2hr
    だらしねぇ体型


    4: それでも動く名無し 2023/04/09(日) 20:17:05.40 ID:Y9f8YTak0
    >>3
    そこがええんやぞ


    【【画像】広末涼子の物真似をしていた芸人のグラビアがこちらwww】の続きを読む

    okamotomari00

    1: ネギうどん ★ 2023/04/09(日) 11:42:58.70 ID:/0QZCwlH9
    ママタレは自分には絶対にムリだと思った

    少しずつタレント外での仕事を広げるなど、新たな一歩を進み続ける2015年ころに、知人を通じて知り合った男性と結婚、子どもも授かった。「温かい家庭を持ちたい」という、子どもの頃からの夢が叶った。


    「この頃はタレントでいる自分が、普段の自分でしたので、家庭を持つことの方が遠い世界になっていたんですよ。まさか自分がママになれるとは、当時思いませんでした(笑)」


    映画製作を進めつつ、コスメのプロデュースや写真展など、本来やりたかった活動へと気持ちが向かうと同時に、タレントとしての自分への違和が次第に強くなっていった。漠然と「30代を前に独立したい」という想いが芽生え、2016年には長年世話になった太田プロを退所、自ら会社を立ち上げ個人活動へとシフトしていく。


    タレントとしてはまさに旬ともいえるだろう年齢での新たな門出、不安はなかったのだろうか?


    「全くありませんでした」とニコリと笑みを浮かべ答えた。

    いわゆる「ママタレ」へのシフトという選択肢もあったはずだが、おかもとは「ママタレは自分には絶対にムリだと、独り言のようにつぶやいていました」と、さわやかに否定した。


    「なぜって、辻希美さんに勝てる要素が1つもない(笑)。辻さんほど完成された方に並ばなければ、仮に少しだけ成功したとしても長続きはしないでしょうし、無理がたたるだろうなと思いました」


    夢であった幸せな家庭を持ち、自らのやりたかった仕事へ従士、映画製作も着々と進む、まさに充実の日々……のはずだった。

    「良い母親でいなくちゃ!仕事も頑張らなくちゃ!と、自分の脳と心と体に素直になりすぎて、ちゃんと休めていなかったんです」

    日々の疲れの積み重ねが岡本の心を蝕んでいった。2018年、精神疲労の限界を迎え精神病棟への措置入院が決まる。

    「実は入院翌日に仕事が入っていたのですが、勝手に『もう引退します』とSNSで発信してしまって。そうした判断がまともにできないぐらいピンチな状態でした」


    全てを失ったからこその気づき

    おおよそ3ヶ月にわたる入院は過酷そのものだった。入院中に離婚が成立し、仕事に着手できず愛する息子たちにも会えない孤独な状態で、自分を見つめなおす日々を過ごす。


    「入院生活中に本当に全てがなくなりました、本当にゼロとしか言えなくて」

    だが、つらいばかりではなかった。全てを失ったからこそ、気づけたこともあったという。


    「息子の存在、息子への愛1つに救われたんです。その時に、『愛とは“捧げるもの”なんだな』と強く思ったんです。これまで『人に良いように見られたい』と欲や期待をもって生活してきました。けど、そうした見返りを求める生き方って、何も返ってこないとつらくなるだけ。けど、息子は常に自然と私に笑顔をくれる。その息子のためだけに私は愛を送り続けよう。それ以外はもういらないと考えたとたんスッと心が軽くなって、人にも自分にも優しくなれるんだと気づきました。この気づきを私の息子にちゃんと伝えたい。そして、“愛すること”に悩む子ども・大人に伝えたいなと思ったんです」


    まるで生まれ変わったような気分になった。「愛とは“捧げるもの”」をテーマにした作品の企画を練った。そうして生まれたものが、YouTubeで公開中のアニメ『ウシガエルは、もうカエル。』だ。大切な家族のために無償の愛を捧げるウシガエルの物語は、まさにおかもとの想いが見事込められていた。


    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ccd3f044bd4d87d79edd0a4f01c3ae4879715664?page=2


    216: 名無しさん@恐縮です 2023/04/09(日) 12:48:45.95 ID:YhLsSDwP0
    >>1
    措置入院って相当だぞ
    重度の躁鬱か糖質か


    234: 名無しさん@恐縮です 2023/04/09(日) 12:56:09.82 ID:+x4p1Ek20
    >>1
    一言でいうと育児ノイローゼ?
    ただでさえ闇が深い芸能界でママタレなんてなあ


    【元“広末涼子ものまね”芸人・おかもとまりの今「精神病棟への入院中に本当に全てがなくなりました」 [ネギうどん★]】の続きを読む

    このページのトップヘ